月経困難症はピルでコントロールできる時代へ。対面とオンラインを組み合わせてライフスタイルに沿った診療を提案

更新日:2024年01月17日

痛みはQOL(生活の質)に直結します。とくに女性の場合、月経に悩んでいる方も決して珍しくありません。仕事にプライベートに毎日を忙しく生きる現代の女性にとって、より充実した毎日を過ごすためには、毎月の腹痛や月経過多など月経困難症の諸症状は見逃せない健康課題と言えるでしょう。
東京都渋谷区にあるMieruレディースクリニックは、月経に悩む女性が相談しやすい場所を作ろうと柴田あずさ院長が2023年に開院したクリニックです。「月経が原因で生活に支障をきたしていても、『毎月数日耐えればいいだけだから』と我慢してしまう女性が大勢います。そうした方たちがもっと気軽に利用できる場所を作りたいと考えて、当院ではオンライン診療も積極的に取り入れています」と語る柴田院長に、月経困難症とはどのようなものなのか、クリニックで受けられる治療について伺いました。

img-tsushin04-01.jpg

|月経困難症はすべての女性がなりうるトラブル...
月経困難症とは、毎月の月経の訪れに合わせて出現する症状です。具体的には、生理痛(月経時に出現する下腹部痛)、イライラ、抗うつ状態(気持ちが沈む)などがよく知られています。ほかにも胃痛や胸焼け、下痢など消化管症状が出ることもあり、症状の幅が広いのが特徴です。

月経困難症には、「機能性月経困難症」と「器質性月経困難症」の2種類あります。

機能性月経困難症というのは、とくにこれといった原因が認められないにもかかわらず出現するものです。思春期のお子さんに見られる傾向がありますが、年齢を重ねたり妊娠や出産を経験したりすることで症状が軽くなるとも言われています。

器質性月経困難症は、たとえば子宮内膜症、子宮筋腫、子宮腺筋症など子宮の病気のように物理的な原因で引き起こされることが知られています。また、月経時以外にも排便時や性交時などに痛みを感じやすいのも特徴です。

月経困難症は、月経がある方なら誰でも経験する可能性があります。当院は渋谷にあるという立地上から10代の患者さんも来院しますが、メインは20〜30歳代、もちろん40歳代の方が受診されることも珍しくないです。ですので、「月経痛は重くて当たり前」「月経痛くらいで相談してもいいのかな」と思うことなく、むしろ毎月のことだから気軽に相談にいらしてほしいですね。

|月経困難症の治療は困りごとと生活スタイルを考慮しながら選択...
機能性月経困難症では、対症療法とホルモン補充療法を検討します。対症療法はお困りの症状に応じた治療です。月経困難症では重い生理痛に悩む方が多いので、

・鎮静剤(NSAIDs、アセトアミノフェン)
・漢方薬(当帰芍薬散、桂枝茯苓丸、加味逍遙散)
・子宮収縮抑制薬

などを使用して痛みの低減を目指します。なお、月経時イライラしがちでお困りなら、認知行動療法など心理療法を試すこともあります。

上記治療をしても月経痛が軽くならない方、あるいは月経量が多い方には、ホルモンバランスに直接働きかける治療方法をご案内します。

・LEP製剤(ヤーズフレックス、ジェミーナ)
・黄体ホルモン単剤(ディナゲスト)
・子宮内黄体ホルモン放出システム(ミレーナ)

LEP製剤(低用量ピル)は、排卵抑制、子宮内膜の肥厚化を防いで月経痛の改善を目指す薬です。月経痛を伴う月経困難症の方は、健康保険適用可能です。

黄体ホルモン単剤は、エストロゲンを含まないため血栓リスクがある方でも使用可能なお薬です。「血栓症リスクがあるから低用量ピルは処方できない」と過去に診断されたことがある方も、ご相談ください。

出産経験がある方、毎日の服薬が面倒と感じる方には、子宮内黄体ホルモン放出システム(ミレーナ)の使用をご提案することもあります。今までご紹介してきた治療方法はすべて内服治療でしたが、ミレーナは子宮内部に装着して使用する製品です。黄体ホルモンを出し続け子宮内膜を薄い状態を維持できることから、月経困難症の症状緩和効果が認められています。

器質性月経困難症は、原因に応じた治療方法を選択します。子宮筋腫や子宮内膜症が認められる患者さんには、エストロゲンの分泌を抑える薬を服用して閉経状態を作る偽閉経療法を実施します。

月経困難症の治療は、診察で月経状況やお困りごとを具体的に確認し、機能性月経困難症なのか、それとも器質性月経困難症なのかを診断してから、原因に応じた治療方法をご提案します。

その際、当院では患者さんの生活スタイルや要望を伺い、その方にあった無理のない選択肢をご提案するよう努めています。例えば、「月経そのものの回数を少なくしたい」と相談をいただいたら、LEP製剤でも最大77日連続服用可能なジェミーナ、最大120日連続服用可能なヤーズフレックスをそれぞれご提案します。「毎日の服薬は飲み忘れが心配」という方には、年齢や出産歴を加味してミレーナの挿入を視野に入れていただくこともあります。

|月経困難症の治療は症状が改善しても長いお付き合いが必要になる...
月経困難症は、お薬を服用している間は諸症状を抑えられるものの、服薬を中断したら症状が再燃します。そのため、月経がある間は治療が必要になるものと考えてください。

女性のホルモンバランスは月単位・年単位で変化し続けます。また、同じ器質性月経困難症でも10歳代ならNSAIDs、40歳を過ぎたら黄体ホルモン単剤といったように、適しているお薬もそれぞれ異なります。

当院では患者さんの年齢を考慮しつつ、ライフスタイルに無理なく取り入れていただけるような婦人科診療を心がけています。そのため、患者さんには現在感じている月経の困りごとや治療に対する要望を気軽に伝えていただけるよう、通院しやすさと話しやすい雰囲気作りは大切にしている部分です。

img-tsushin04-02.jpg
|月経に困る女性を減らして婦人科を目指して渋谷に開院...
当院は婦人科診療をメインに実施するクリニックとして、2023年に開院したばかりです。元々、祖母も父も産婦人科医で、二人の背中を見ながら育った私も産婦人科医になりました。大学病院勤務時代は婦人科疾患に悩む女性を診てきたのですが、なかには月経になると寝込むくらい体調を崩してしまうのに、「1ヶ月に数日だけのことだから、そのためだけに数時間かけて医療機関を受診したくない」と、鎮静剤を片手に耐えてしまう方も大勢いることを知りました。

「月経から更年期まで女性が自分の体の健康のことをもっと気軽に話せる、もっと気軽に利用できる場所を作れないだろうか」と考えていたところ、オンライン診療が登場し、感度の高い人たちの間で徐々に普及し始めました。オンライン診療なら、自宅でも出先でも好きな場所で医師の診療を受けられ、通院時間や待合室で過ごす時間をカットできます。「数日」の体調不良のために「数時間」も取られたくないと考える方たちにとってメリットが大きい選択肢だと考えました。

2022年に父が経営していた産婦人科クリニックを閉じることになったのですが、「コンパクトでもいいから、さまざまな年代の女性を支えるクリニックを立ち上げよう」考え、医療法人を引き継いで開院したのがこのMieruレディースクリニックです。

img-tsushin04-03.jpg
|患者さんと話し合いながら二人三脚で考え実施するオーダーメイドの診療を提供...
診療では、患者さんのご要望に耳を傾けることを大切にしています。現代は多様性の時代ですので、医療者側の意見を一方的に伝えて提供するのではなく、会話内容から「きっとこういうことを求めているのかな」と患者さんが求めているものを想像しながら、ライフスタイルにあった方法を一緒に考えて選択するイメージです。

月経のことが気になって婦人科を受診する方は、健康への意識が高く事前に色々なことを調べてくる割合も多いです。当院ではそうした方はもちろん、「体の調子を相談したいけれど、詳しいことはわからない」という方の受診も歓迎しています。たとえば、LEP製剤の利用を検討中の患者さんには、薬剤の効き方や服薬方法の特徴などをまとめた資料を見せながら、現在感じている不調に対してどのような効果が見込めるのか紹介しますので、メリットとデメリットを理解したうえでご自身の生活スタイルにより沿った治療方法を選択できます。

他に大切にしていることとして、コンビニエンスストアまでとは行かなくても気軽に利用できる敷居の低いクリニックになりたいと考えて、患者さん目線での利用しやすさを重視しました。繁華街にありながら個室サロンのようにコンパクトな診察室で話を伺うので、他の患者さんに相談内容が漏れるようなこともありません。また、予約から、事前問診、クレジット決済、お薬の発送まで一連の流れをスマートフォンひとつあれば完結できる体制を整えました。診療についても、対面診療とオンライン診療から選べます。

とどくすりを導入したのも患者さんの利便性向上を考えての選択でした。対応が早いので患者さんからの評判も上々です。調剤薬局での待ち時間がなくなるうえ、ほしい薬がなくて他の調剤薬局を紹介されることもないので、処方薬を手にするまでのストレスが軽減されていると感じています。

「月経のたびに腹痛でしんどい思いをしている」「月経量が多くて貧血症状で困っている」など、月経困難症で悩んでいても婦人科を受診していない女性はまだ多いです。月経でつらい思いをしているなら、一人で抱え込まず当院に相談してください。

shibataazusa_doctor.png[プロフィール] 院長 柴田あずさ
当院は生理痛でお悩みの方、月経困難症に対して積極的に診療しています。今まで色々試してみたけどしっくりこなかった人も、最適な治療を一緒に見つけていきませんか。ピルだけでなく色々な選択肢があります。女性の身体の悩みや生活に合わせて最適なプランをご提供します。

logo_mieru-ladiesclinic.png

【Mieruレディースクリニック HPはこちら】
https://www.mieru-ladiesclinic.com/


【参考文献】
公益社団法人 日本産科婦人科学会 日本産婦人科学会専門医 一覧https://www.jsog.or.jp/modules/senmoni/?ao%5B1%5D=0&sf%5B1%5D=2&ss%5B1%5D=0&ao%5B2%5D=0&sf%5B2%5D=5&ss%5B2%5D=1&sq%5B2%5D=1&sq%5B1%5D=&return.x=150&return.y=20
公益社団法人 日本産科婦人科学会 研修ノート No106思春期のケア 月経困難症https://www.jaog.or.jp/note/%EF%BC%881%EF%BC%89%E6%9C%88%E7%B5%8C%E5%9B%B0%E9%9B%A3%E7%97%87/
Mieruレディースクリニック 診療案内 月経困難症https://www.mieru-ladiesclinic.com/medical/medical01/

Menu