服薬指導とは?

服薬指導とは?

画像 今回はとどくすり運営事務局の大倉から薬局を利用する際のお役立ち情報を配信します。

服薬指導とは?服薬指導とは、簡単に言うと薬剤師から皆様が使用するお薬の説明をすることです。

最近は、薬局に直接行かずに、テレビ電話や電話等で服薬指導が受けられるようになってきています。

この服薬指導は皆様の健康のために重要なものです。

なぜ重要なのか、薬剤師はどのような内容をお伝えしたいのか、詳しく3つのポイントに分けてご紹介します!

服薬指導を正しく理解する3つのポイント①【服薬指導とは?】
②【服薬指導はどんな話をするの?】
③【オンライン服薬指導のメリット】

それでは、一つずつ確認していきましょう!

気になるポイントに飛んで読んでいただくことも可能ですので、気になるポイントをクリックしてみてください。

画像 ①【服薬指導とは?】

皆様にお薬をお渡しする際に、薬剤師が必ず行う「適切な治療を進めるための指導」です。

これは、皆様の症状に対して、お薬での早期治療ができるように支援させていただく薬剤師の義務となっています。

画像 ②【服薬指導はどんな話をするの?】

まず、薬剤師は服薬指導を行うために、皆様から提出いただく、

■ 処方せん
■ お薬手帳

この2点を基に、患者様の治療に適したお薬を用意します。

服薬指導前に、「患者様の治療に適していない内容なのではないか?」と判断した場合は直接医師と連絡を取ることがあります。

また、お薬手帳の内容からお薬のアレルギーや副作用歴を確認させていただいております。

そのようにして、皆様一人一人が安心してお薬を使用していただくため、お薬の使い方や効能をお話しています。

お薬を使い始めて、改めて不安な点や不明点がある場合は遠慮なく薬剤師に相談しましょう。

画像 ③【オンライン服薬指導のメリット】

実際に、とどくすりご利用でオンライン服薬指導(電話)に対してメリットを感じていただけた患者様からの声をご紹介します。

現在、オンライン服薬指導は厚生労働省による0410(※)通知に基づき、電話で受けることが可能になっています。

(※)0410通知「新型コロナウイルス感染症の拡大に際しての電話や情報通信機器を用いた診療等の時限的・特例的な取扱いについて」

オンライン服薬指導(電話)のメリットメリット1周りに服薬指導の内容を聞かれたくない場合、プライバシーがより保たれた状態で薬剤師とお話ができます。

メリット2外出が困難なほど体調が悪い場合、自宅で薬剤師とお話ができます。

メリット3近くに薬局がない場合、薬局に行くまでの時間や交通費を節約できます。

他にも感染症対策のため薬局への外出を控えたい場合等、様々な場面でメリットがあります。

また、オンライン服薬指導を受けていただいた後、多くの薬局では、薬配送時に、薬に関しての説明書(薬剤情報提供書)が同封されています。

服薬指導の内容を簡単にまとめた説明書にはなりますが改めてお薬の説明を確認することができます。

とどくすりでは、薬剤師からお電話で丁寧に服薬指導を行います。また、お薬配送時に他の同封物と一緒に下記の薬剤情報提供書もお送りしております。
画像薬剤情報提供書のイメージになります。オンライン服薬指導をまだ受けたことがなく、利用してみたいと感じられた方は、ぜひ新しい薬局体験をしてみてはいかがでしょうか。

画像 いかがでしたでしょうか?何気なく受けている服薬指導ですが、直接受ける場合、電話で受ける場合のどちらも薬剤師は、「症状に対するお薬での早期治療をすること」と「お薬を安全に使用いただくこと」を心がけています。そのため、とどくすりご利用の際も電話での服薬指導を受けていただいてからお薬をご自宅へ発送しておりますので必ず受けていただきますようお願いいたします。服薬指導後、お薬でお困りのことがあれば、いつでも利用した薬局にお問合せください。提携薬局一覧から各薬局の電話番号をご確認いただけます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。